海外ではクレジットカードがあると便利ですので、可能であればぜひ準備をしていきましょう。クレジットカードは申し込み・作成時にカード会社による審査がありますので、お仕事を辞められる前に作る形をオススメいたします。

カード社会の海外では、クレジットカードを持っていれば、インターネット上での航空券購入や携帯電話のレンタル時、レンタカーのレンタル時などにすごく役に立ちます。また、ビザの申請費用などもクレジットカードで決済を行うため、海外でクレジットカードを持っていないと不便を感じる事が多くなってしまいます。

最近では各社、学生向けのクレジットカードなどを発行しておりますし、審査が通らず本人名義で作れない場合などは、ご両親に家族カードを作って貰うという方法も考慮してみるのも良いでしょう。

クレジットカードのブランドはどこが便利?

クレジットカードのブランド(信販会社)は、「VISA」または「マスターカード」をオススメ致します。これは、クレジットカードのブランド(信販会社)によって、使えるお店の数が大きく変わるからです。海外でも使える場所やお店が一番多いのがVISA カードですので、VISA カードが一番安心です。
※JCB の「J」は Japan の頭文字の「J」のため、基本的に日本でしか使えないクレジットカードとなります。

外国で便利に利用できるクレジットカード

1位 VISAカード
2位 マスターカード
3位 アメックス
4位 ダイナースクラブ
5位 JCB

フィリピンへクレジットカードは何枚持っていくべき?

クレジットカードは1枚だけでも持っていくのも良いのですが、もしできるのであれば2枚ほど作って持って行かれることをオススメいたします。これは、お客様がカードを万が一紛失してしまった時でも予備のカードがあれば、そのカードを使って生活ができるためです。(海外でのクレジットカードの再発行には時間がかかります)

クレジットカードを海外で使用する際の注意点

万が一の盗難時に備えてカード番号や有効期限、紛失時の緊急連絡電話番号などはすべて控えておきましょう。また、会計時やATM でキャッシングする際などに、カード暗証番号や金額を打ち込む必要があります。この時、よく周りの状況を確認し、大切な情報を盗まれないようにしましょう。
それから、クレジット伝票(レシート)は大切に各自で保管しておくようにご注意くださいませ。クレジットカードの不正使用を発見するための、重要な手がかりともなります。また会社によってはWEB 上でクレジットカードの利用明細が確認できるものもありますので、各自一ヶ月毎にレシートとカード請求明細をチェックしておくと安心です。

クレジットカードでのキャッシングに注意!

留学生の中には、お持ちのクレジットカードで現地ATMから現金を引き出せると思っている方がいらっしゃいます。もちろん、クレジットカードを使いATM から現金を引き出すことは可能なのですが、それはキャッシングといい、クレジットカード会社(信販会社)から借金をしてお金を引き出す方法です。
つまり、「借金でお金を引き出す=高い金利が取られる」のという事ですので、キャッシュカードを使い現地ATMからお金を引き出すのは、緊急時の場合のみにしましょう。クレジットカードのキャッシングは、国際キャッシュカードと使い方は同じでも、内容が異なりますのでご注意下さいませ。

クレジットカードのメリットとデメリット

メリット

  • 店頭等での使用はもちろん、インターネットでの決済、ビザ費用等も簡単に支払える
  • 紛失時にも再発行が可能
  • 再発行には時間が掛かりますが、海外でも再発行が可能

デメリット

  • 作成時には審査がある
  • クレジットカード会社で審査があるため、作れない場合がある
  • 利用限度額がある

フィリピン留学をご検討中の方へ

「ソウダのカウンセラー」は、フィリピン留学に関する疑問・不安を解消するための無料のカウンセリングサービスです。フィリピン留学をご検討の方はお気軽にご相談ください。

SOUDA counselor
   資料請求(無料)
   お見積り(無料)