海外送金とは、日本の銀行から海外の銀行に送金する方法です。この方法では、海外に受取口座がないといけないので、日本で事前に口座を作っておくか、現地に到着してから口座を作る必要があります。

また、銀行で海外送金をしようと思った場合には、銀行に手数料を6,000円程度支払わなければいけないため、少額の金額を何度も振り込むのには向いていません。

“日本で”海外口座の開設をすることは可能?

海外の銀行が日本にも支店を出していたりすると、日本から銀行口座を開設することができます。ただ、日本で開設すると1 万円近くの手数料が掛かってしまいますので、基本的にはオススメしておりません。(現地到着後であれば無料で口座を開設できるため)
どうしても日本にいる時点で海外の口座を開設しておきたい、事前にその口座にお金を送金したいという方にオススメの方法です。

現地で口座を開設するメリット

現地で銀行口座を開設するとキャッシュカード紛失時も安心です。
これは、国際キャッシュカードなどは海外でなくすと再発行はできないのですが、海外での銀行が発行したキャッシュカードであれば、その銀行に行き手続きをすれば比較的スムーズにキャッシュカードを再発行してもらえるためです。国際キャッシュカードは大切なカードですので、普段は財布等にも入れずに、月に1度持ち出して必要額だけをATM で引き出し、そのお金を現地銀行口座に預ける方法がセキュリティー上も非常に好ましいです。

海外送金のメリットとデメリット

メリット

  • 出発時に円高(到着時には円安になりそう)という時に有利
  • 大金でも移動が簡単
  • 多額のお金を移動させる時には国際キャッシュカードよりも便利

デメリット

  • 出発前に円安(到着時に円高になりそう)という時には不利
  • 海外送金する口座が必要
  • 送金をした時点で外貨に変わってしまうので、万が一「留学を取りやめなければいけない」となった場合に鋼材に10000ドルも残っていた場合にはそれを再度日本に戻さないといけない

フィリピン留学をご検討中の方へ

「ソウダのカウンセラー」は、フィリピン留学に関する疑問・不安を解消するための無料のカウンセリングサービスです。フィリピン留学をご検討の方はお気軽にご相談ください。

SOUDA counselor
   資料請求(無料)
   お見積り(無料)
   面談(無料)