2カ国留学するときは一時帰国するべき?しないべき?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いま密かに留学の方法として人気を集めている方法が「2カ国留学」です。特にフィリピンとオーストラリア、そしてフィリピンとカナダの組み合わせが主流です。いずれもフィリピンを軸にして、英語圏をもうひとつの選択肢にしています。

これらの2カ国間を移動するとき、一度にまとめて留学する人や、一カ国終えた段階で旅行する人、資金稼ぎのために一度日本へ戻る人など様々なプランがあります。

今回は2カ国留学のときに一度日本へ帰国するべきか、しないべきかに注目してメリットデメリットをまとめてみました。

【ワーホリ・2カ国留学】日本・フィリピンからオーストラリアへの航空券まとめ[提供:フィルポータル]

もくじ

  1. 2カ国留学で一時帰国する場合のメリット3選
  2. 2カ国留学で一時帰国する場合のデメリット3選
  3. まとめ:2カ国留学はスムーズな移行を大切に

2カ国留学で一時帰国する場合のメリット3選

 2カ国留学で一時帰国する場合のメリット3選
まずは2カ国留学で一帰国する場合のメリットをご紹介します。

1. 荷物を減らすことができる

ご存知の通りフィリピンは一年を通じて湿気が高く暑い国です。つまり衣類は夏服だけでじゅうぶんです。しかし、オーストラリアやカナダには冬があるため、一時帰国しない場合は冬服の準備も必要になります。一時帰国することでこの煩わしい問題はなくなります。

特に留学経験がない場合や海外で生活したことがない場合は、現地調達できることなどの知識のなさからどうしても荷物が多くなってしまいます。フィリピンで留学を経験することで荷物に対する考え方が変わることもあるでしょう。

自分で日本製の物しかダメと思う場合は一時帰国の際に再度調達可能です。反対に現地調達できることが分かった場合は次回から持って行く必要がなくなるため必然的に荷物を減らすことができます。

その結果、ホームステイ先や留学先の友達へのお土産などを持って行くことができます。

2. 計画に柔軟性ができる

もし2カ国留学を一度に済ませるとなると、出発前にすべての段取りを組まなければいけません。しかし、留学では何が起こるかわからないため出来るだけ予定には柔軟性を持たせておくことがいいでしょう。例え経験豊富な人のアドバイスを受けても留学途中で目的が変わったり、体調が優れない場合だって起こりえます。

一時帰国することで次の留学の目標が立てやすくなります。このことは2カ国目での留学をより一層充実させることにつながります。ただし、一時帰国している間は間延びしないように緊張感を持って過ごす必要があります。

3. 往復航空券で入国が円滑にできる

当然ながら一時帰国すると航空券代は高くなります。書類や過去の渡航歴などが原因となりまれに2カ国目の入国の際にトラブルが起こる可能性があります。これらに対応できるのがメリットとも言えます。特に以下の4つについてはよく確認しておきましょう。

  • ワーキング・ホリデービザ(査証)を取得
  • ワーキング・ホリデーに必要な書類を持参(残高証明書など)
  • 帰りの航空券の証明(チケット、コピー、データなど)
  • 生涯でワーキング・ホリデーが初めてであること

特に2カ国留学より以前にワーキング・ホリデーの経験がある人は入国を拒否されてしまう可能性があります。その際には無罪証明書を取得しておきましょう。

2カ国留学で一時帰国する場合のデメリット3選

2カ国留学で一時帰国する場合のデメリット3選
続いて、2カ国留学で一帰国する場合のデメリットをご紹介します。

1. 航空券代が高くつく

2カ国留学する場合は日本とフィリピンの往復航空券、さらに日本とオーストラリアまたはカナダの往復航空券が必要になります。

一度に2カ国留学する場合、荷物の量が問題になりますが例え航空会社に追加料金を払っても航空券を払うより安く済みます。荷物の量に合わせて一時帰国するかどうかも考える必要があります。

2. 一時帰国中の準備に時間がかかってしまう場合がある

一時帰国している間に次の留学の準備をすることを考えていても予想以上に時間がかかることがあります。特にビザ申請や健康診断などの手続きは時間がかかりがちです。予定ではすぐに2カ国目に出発と考えていても思わぬ足止めを受ける場合があります。一時帰国とはいえ、しっかり予定を組んでおきましょう。

3. 英語力の低下

2カ国留学では英語漬けになるからこそ英語力が伸びるわけですが、一時帰国することでその流れが一度途切れます。一時帰国の期間にもよりますが、2カ国留学がまったく別物の留学になってしまい、本来の2カ国留学の良さがなくなってしまう危険性もあります。英語習得に対する姿勢を保つよう一時帰国中でも気をつけましょう。

まとめ:2カ国留学はスムーズな移行を大切に

まとめ:2カ国留学はスムーズな移行を大切に
2カ国留学をどのようにすすめるかはその人の経済的余裕や英語力によって大きく変わりますが、一時帰国の際に気持ちを途切れさせないようにしましょう。

フィリピン留学を経ることでずっと英語圏で留学するよりも経済的に恩恵があります。さらにフィリピン留学で学んだ英語を発揮するためには2カ国目にスムーズに移行することが重要です。どうせやるならしっかり自分自身の状況を考え、最善の方法を選んで最高の経験を手に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピン留学をご検討中の方へ

「ソウダのカウンセラー」は、フィリピン留学に関する疑問・不安を解消するための無料のカウンセリングサービスです。フィリピン留学をご検討の方はお気軽にご相談ください。

SOUDA counselor
   資料請求(無料)
   お見積り(無料)
   面談(無料)