「フィリピン留学」と聞いて懸念されることとして、「治安」があります。一般的に麻薬や強盗、ストリートチルドレンなどネガティブな要素が目につくフィリピンですが、はたして実際にはどうなのでしょうか?

ここでは人気留学先となっているセブ、バギオを中心にフィリピンの治安とその対策についてご紹介します。

もくじ

フィリピンで頻発する犯罪

フィリピンで頻発する犯罪

スリ

フィリピンでの滞在中に頻発するのは、やはりスリです。フィリピンの主要交通手段ジプニーに乗ると、車内には「ポケットピッカー」と呼ばれるスリがいる可能性が高いです。狭い車内なのでどうしても身体が密着してしまい、気づいたときにはポケットの財布や携帯を盗られているというケースです。

フィリピン留学中に被害に合う、一番多い犯罪なのでこちらで具体的な対策もしておきましょう。
フィリピン留学でスリ犯罪に合わない為の3つのルール

睡眠薬強盗

フィリピン人は皆フレンドリーです。なかにはローカルな人に声をかけられてそのまま一緒に食事に行くなんて機会もあるかもしれません。しかし、ついて行ったら飲み物に睡眠薬が入っていて、所持金・持ち物をすべて奪われるという手口が横行しています。

信頼と疑いのボーダーを見極めながら行動しましょう。特に観光地や街で日本語や「フレンド」「ブラザー」などと声をかけてくる人はまず疑って間違いありません。

トランプ詐欺

こちらも睡眠薬強盗同様、見知らぬ人から「日本語を教えてほしい」、「うちに来なよ」と声をかけられてついて行ってしまった末路に起こります。特に大学生や若者の中にはおいしい経験として誘いに乗ってしまいやすい傾向にあります。

そうして家に到着すると仲間内でトランプをしていて、それを使ったギャンブルに勧誘されます。「絶対勝たせてあげる」が決まり文句ですが、彼らは皆グルなので時すでに遅しです。最後にはもちろん賭けに負けて大金を支払う羽目になります。

トランプ詐欺については「ついていかない」これに限ります。

強盗

フィリピンでは一部危険地域を除いて白昼堂々と強盗が起こる可能性は低いです。特にセブやバギオをはじめ、人気留学先においては限りなく可能性は低いです。ただし、他のアジアの国同様、強盗の被害に遭う可能性は日本よりも高いことは心に留めておく必要があります。

ドゥテルテ大統領就任による影響

ドゥテルテ大統領就任による影響
2016年の大統領選でドゥテルテ氏が就任してから、フィリピンの治安には少しずつ改善が見られます。ドゥテルテ大統領といえば、麻薬撲滅政策のために過激な措置を展開していますが、これによって犯罪の温床とされているギャングや麻薬常習者が数多く取り締まられており、凶悪犯罪は以前に比べて減っていると言います。

元々フィリピンでは貧困層が空腹しのぎや生活の為に麻薬を売買して犯罪が多発しており、その上犯罪組織は役人や警察を買収していました。役所は汚職が蔓延し、フィリピンは負のスパイラルから抜けられないでいましたが、今回のドゥテルテ大統領就任によって、そうした負のスパイラルを根絶させようという過程にあります。

しかし、そういった超法規的な手段による取り締まりや、警察ではない自警団による麻薬使用者・所持者の殺害によって、危険地域では銃の乱射が突然起こる可能性も否定できません。全体的に見れば改善傾向にありますが、やはり危険地域には近づかないことが留学生活の原則ですね。

フィリピンと近隣諸国との比較


外務省が発表している渡航情報を参考にフィリピン留学における危険度を考えていきましょう。治安の警戒レベルは日本を含む警戒レベル0から最も危険(退避勧告)なレベル4まであります。

色の意味

退避勧告

渡航延期勧告

渡航の是非検討

十分注意

アメリカ・カナダ

アメリカやカナダでは全土でレベル0となっています。ただ、多くの人が知っているようにアメリカでも犯罪や事件は頻繁に起こります。あくまで指標としてご覧いただければと思います。

 

フィリピン

フィリピンは概ねレベル1の「十分注意する」の地域がほとんどです。凶悪犯罪の可能性は低いですが、軽犯罪に注意は必要ということですね。ただしミンダナオ島のダバオ以外のエリアに関しては警戒レベル2~3をの区域が多いです。この地域ではゲリラ的にイスラム教過激派組織が活動しており、渡航者へ注意喚起をしています。基本的には留学生が踏み入れないエリアと言えるでしょう。

 

タイ

カンボジア

同じ東南アジアでタイは一部の地域を除いてレベル0ですが、マレーシア国境付近などで一部注意が必要となります。隣国で発展途上のカンボジアでは全域に注意勧告が出ています。

フィリピンの語学学校は、主にセブとバギオで警戒レベルは1の地域となります。深夜に一人で出歩くのを避け、貴重品に気をつけていれば大丈夫なレベルなので、注意は必要ですが、外出を避けたりすることはありません。

外務省サイトに詳細を記述されたファイルがあるので渡航前にお目通しください!
外務省 海外安全ホームページ|安全の手引き
外務省が発表している治安情報の印刷用データ
セブ島の治安情報をフィリピンで強盗に遭った僕がまとめました[提供:フィルポータル]

フィリピンの治安ってどうなの?

セブの治安傾向


セブシティはオフィスや商業施設が多く、ITパークという経済特区も設けられています。ゆえにツーリストからビジネスマンまで多く生活しており、治安はそこまで悪くはないです。危険な地域に行かない限り、重大犯罪に巻き込まれることは少ないです。ただし、こうした都会でも夜にはストリートチルドレンが徘徊していて、囲まれることがありますので、夜間は短距離でもタクシーを使って移動しましょう。

セブで注意すべきエリア

セブシティの中でも「マンゴーストリート」と「コロン」の2つのエリアでは注意が必要です。

マンゴーストリートは、バーやレストラン、クラブなどが集まったセブシティ随一の繁華街で留学生やツーリストもたくさんいますが、同時にドラッグの密売人や売春婦、ストリートチルドレンも多くいます。特にスリには注意しましょう。

コロンは観光スポットとしてガイドブックにも載っていますが、夜は絶対に行ってはいけません。セブの中でも下町であり、ドラッグ中毒者、密売人が多いと言われています。日中はマーケットで観光を楽しめますが、それでも複数で行動し、多額の現金は持ち歩かないほうが無難です。1000ペソくらい持っていれば困ることはありません。

被害にあわないための対策

  • タクシーでぼったくられないようにメーターを確認する
  • 路上でお札を数えたり、お金を出したりしない
  • 服装は地味で目立たないようなものにする
  • 完全に観光客だとバレるので、道でガイドブックを開いて立ち止まらない
  • 音楽を聞きながら歩かない(後ろからスリが近づいても気づかない)
  • お金を入れるセキュリティーベルトを使う
  • 夜間にATMを使わない
  •  

以上を心がけるようにしてください。注意を払いつつ、セブでの留学生活を楽しんでください。

バギオの治安

フィリピンの治安ってどうなの?
バギオは、フィリピン最大の島、ルソン島北部の中心都市です。マニラから車で6時間ほど北上したところにあります。標高1500mにあるバギオは、平均気温20度で、涼しく快適な地域です。避暑地として計画的に開発された地域で、富裕層が多いエリアなので治安は比較的良いです。

日本でいうと軽井沢に例えられます。かつては夏の間、避暑のためフィリピン大統領も拠点をバギオに置いていたこともあります。フィリピンの他の街で見られる密売人やドラッグ中毒者もバギオにはほとんどいないので安心して街を歩く事ができます。深夜や早朝には冷え込むからか、ホームレスも見かけません。

治安はセブ島よりも良いでしょう。またバギオは財政が安定しており、貧困層は相対的に少ないと言います。犯罪も少ないので、留学生活も安心して過ごせるでしょう。

ただ注意すべき点として、マニラ空港を経由してバギオに向かう手段しかないため、マニラ空港でのスリやぼったくりなどのトラブルに気をつけましょう。基本的にはすべての学校で空港までスタッフがピックアップしに来てくれるので安心です。

被害にあわないための対策
バギオはマニラ空港から約6時間なので各学校が送迎バスを出していますが、どうしても安く行きたい学生が稀に個人で民間のバスに乗ってバギオに来られますが、やはりタクシーでぼったくりに遭ったり、トラブルに遭う可能性は高いです。特に夜間であったり、女性一人では確実にやめた方が良いでしょう。

どうしても単独でバギオに向かわれる場合は、マニラ空港からバギオ行きのバスが発車するバスターミナルまで弊社提携のねもとトラベル様によるピックアップをご利用ください。
【バギオ留学生】マニラ空港ピックアップサービス実施中

また、バギオでは毎年2月にフラワーフェスティバルという大きな祭典があり、その時期には観光客に準じてスリも多く発生します。いつもより慎重に貴重品を扱いましょう。バッグも前に掛けられるものをおすすめします。

以上のことに気をつけていれば、バギオにはとくに危険なエリアは無いので安心して留学生活を送れるでしょう。

安全に留学生活を送るためのアドバイス

安全に留学生活を送るためのアドバイス

常に周りを警戒しておく

日本のように、カフェで荷物を置いたまま席を離れたりするのはとても危険です。誰がどこで見ているか分かりません。リュックでも、知らない間に後ろからナイフで切られているというケースもあります。バッグの持ち方も気をつけたいですね。

日本は本当に安全な国です。日本の感覚のままでいないよう外出するときは、細心の注意を払いましょう。

夜中に一人でうろうろしない

言わずもがなですが、夜中に一人で出歩くことはとても危険です。多くの学校では門限がありますが、週末に開放的になりすぎて危険に巻き込まれてしまうケースも少なくないです。

当然夜のほうが犯罪率は上がります。もしどうしても夜中に移動する場合には、タクシーを使うようにしましょう。

危険な場所をちゃんと把握して絶対に行かないように気をつける

どのエリアが危険なのか、事前に学校スタッフに確認しておくと良いでしょう。特に海外は、大通りから一本路地に入ると、ガラッと雰囲気が変わります。なので一人でいる時は、基本的に人通りの多いところを歩きましょう。

知らない人を絶対に信用しない

フィリピン人は優しくて良い人が多いですが、簡単に人を信用しないように気をつけましょう。気さくに人が話しかけてきたと思い、気を取られているうちに背後でスリが行われるということもあります。

知らない人に突然話しかけられるとついつい意識が話に向いてしまいますが、自分のバッグを確認できる位置にキープしておきましょう。また、無邪気な子供を装ったスリの常習犯という手口もあります。残念ながら、ストリートチルドレンはフィリピンでは珍しくありません。

怪しいと思ったら、ハッキリ断る勇気を

現地の人と打ち解けて、ある程度仲良くなっても「何か怪しい」と思ったら、ちゃんと離れる勇気を持ちましょう。ノーと断れる勇気をちゃんと持っておくことで防げるトラブルは多いです。

派手すぎる服装で出歩かない

あまり派手すぎるブランド服やドレスなど、高級そうな服を身につけて歩かないようにしましょう。裕福だと思われて狙われる対象になります。
特別な機会でもなければ、普段はできるだけ現地の人と同じようなカジュアルな服装でいる事をおすすめします。自分からトラブルを招くような行為は厳禁です。

もし強盗に遭ったら、絶対に抵抗しない

万が一、強盗に遭ってしまったら、一切抵抗してはいけません。素直に貴重品などを差し出しましょう。ポケットなどに手を入れようとすると、攻撃すると思われて、逆に銃で撃たれる恐れもあります。

もしも強盗に遭った時に、相手が盗るものが何もなければ、最悪の場合、命を奪われるかもしれません。少しのお金は常に持っておいたほうが、最悪の時の身代わりになります。

「自分は大丈夫」と過信しすぎないように過ごしましょう。みなさんが安全に楽しく留学できますように。

フィリピン留学をご検討中の方へ

「ソウダのカウンセラー」は、フィリピン留学に関する疑問・不安を解消するための無料のカウンセリングサービスです。フィリピン留学をご検討の方はお気軽にご相談ください。

SOUDA counselor
   資料請求(無料)
   お見積り(無料)
   面談(無料)