万が一の時に安心の海外渡航者安全事業共済会「トラベルセーフティープラン」

トラベルセーフティープランへのお問い合わせの方は、
必要事項をご入力の上「確認」ボタンをクリックしてください。

万が一の時に安心の海外渡航者安全事業共済会「トラベルセーフティープラン」

入力された情報が
下記の内容でよろしければ、
「送信」ボタンを
クリックしてください

  • お名前(漢字)※必須項目
  • お名前(フリガナ)※必須項目
    セイ メイ
  • お名前(アルファベット)※必須項目
    SEI MEI
  • メールアドレス※必須項目
  • 郵便番号※必須項目
    ハイフンなし半角7桁で入力
  • 住所※必須項目
  • 電話番号
  • 出発日※必須項目
  • 帰着日※必須項目
  • お申込みプラン※必須項目
    プランコード 掛金期間
  • 性別
  • 年齢※必須項目
  • 旅行者様ご住所※上記申し込み人住所と同じ場合は
    入力の必要はございません。
  • 旅行者様お電話番号※上記申し込み人お電話番号と
    同じ場合は入力の必要は
    ございません。
  • 旅行目的※必須項目
  • 旅行中に危険なお仕事や
    運動等をなさいますか
    ※必須項目

    注)危険なお仕事とは建設工事等、危険な運動とは登山・ハンググライダー等をいいます。

  • 現在ケガや病気で医師の
    治療を受けていますか
    ※必須項目
    傷病名:
  • 身体に障害がありますか※必須項目
    傷病名:
  • 下記のいずれかの保険に
    ご加入になっていますか
    ※必須項目(生命保険は除く)
    「はい」の方:
    (保険会社名)
    (死亡保険金額)

■ 引受制限について ■

下記のいずれかに該当する方は本共済契約の被共済者(保障の対象者)となることができません。
加入時点において日本国内に居住していない方。またはすでに日本を出国している方
3ヶ月を越えて渡航される方または帰国予定日が決まっていない方
航空機(ヘリコプターを含む)の免許取得を目的として渡航する方

危険職務(下記参照)

  • テストパイロット・テストドライバー・テストライダー等
  • 競馬・競輪・競艇等
  • 坑内・トンネル内作業
  • スタントマン・レスキュー隊員
  • 猛獣を取扱う方・サーカス・軽業師・曲芸師等
  • ゴンドラを使用する窓拭き業(但し3階以上の建物の窓拭き業)
  • 橋梁・ダム・ビル等の建設作業
  • 高圧線・送電線・配電線・通信線等の電気工事
  • 火薬・爆発類または劇毒物類の取扱業
  • 潜水夫・サルベージ作業員・発破作業員等
  • 航空機搭乗
  • その他本会が別に指定する職務

危険な運動(下記参照)

  • 山岳登はん(ピッケル・アイゼン・ザイル・ハンマー等の登山用具を使用するもの)
  • リュージュ・ボブスレー・スカイダイビング・ハングライダー・搭乗・飛行船搭乗
  • 超軽量動力機(モーターハングライダー・マイクロライト機・ウルトラライト機)搭乗
  • ジャイロプレーン搭乗
  • その他これらに類する危険な運動

■ 事故対応について ■

本会は世界有数のアシスタンス会社と提携しておりますので、海外での事故も安心です。
キャッシュレス医療サービス
海外での治療費は高いものです。いざという時、お客様のご負担なく治療が受けられるよう万全の体制を整えています。

【日本語サービスで安心治療】
日本語サービスセンターへご連絡いただくだけで、病院を紹介、受け入れを手配いたします。共済金請求書兼報告書と加入証書(パスポートも)を持って病院にいけば、スムーズに治療が受けられます。治療費はモ日本語サービスセンターが直接病院へお支払いしますので、面倒な手続きはありません。
※地域によってはキャッシュレスサービスができない場合もあります。
24時間・年中無休での医師・病院紹介サービス
日本人医師や専門医の紹介等、お客様のご希望や状況に応じ、最寄りの適切な医師・病院を24時間・年中無休体制でご紹介いたします。
医療通訳の手配
治療時の通訳の手配をいたします。
シンプルでリーズナブルな保障の提供
NPOの会員を対象とした非営利の共済制度ですので、保障内容をシンプルにわかりやすく格安な掛金にてご提供いたします。

■ ご契約に際しての注意点 ■

共済契約者
本共済契約を締結し、同契約上の所定の権利および義務を有し、同権利および同義務を行使又は履行できる方で、かつ、NPO海外渡航者安全機構の会員の方。

出資金
本共済制度を利用されるにあたっては、出資金50円をご利用の度にお支払いいただきます。
共済期間および責任期間(保障期間)
本共済契約の共済期間は、共済加入証書に記載された共済期間開始日の午前零時に始まり共済期間終了日の24時までとします。(時刻は、日本国の標準時によるものとします。)本共済契約の責任期間(保障期間)は、被共済者が申込書記載の海外旅行の目的をもって被共済者の住居を出発したときから被共済者の住居に帰着するときまでの旅行行程(当該旅行以外の目的をもって行動している間を除きます。)に限ります。但し、運行時刻が定められている交通機関の遅延、欠航、運休、搭乗不能、医師の治療、ハイジャックやテロリストによる不法な支配や公権力による拘束などによって、共済期間終了日の24時までに帰着できなかった場合は、本会が妥当と認める時間を限度として、共済期間終了日は延長されます。
お申し込みの取消・解約
共済期間開始日(出発時)前までに本会または取扱代理所窓口に本会所定の書式にてご通知いただくことにより当該申込みを撤回(取消)する事が出来ます。なお、保障開始後については解約として取り扱いますのでご注意ください。
重複・超過加入の禁止
同一の被共済者が共済期間を重複して複数のコースに加入すること、又は同一コースに2口以上加入する事は出来ません。これに反して加入された契約については無効となります。
告知義務または通知義務
加入申込みの際に、加入申込書の記載事項(旅行の内容、健康状態や他の保険の加入状況等に関する告知を含みます。)について本会に知っている事実を告げなかったとき若しくは不実の事を告げたとき、又は加入申込みの後に、これらの記載事項に変更が生じたにもかかわらず、本会への通知および承諾を受けていなかったときは、共済金のお支払が受けられなかったり、共済契約を解除されることがあります。
事故の通知および共済金の請求
被共済者に共済金の支払い事由が生じたときは、当該支払事由の生じた日から30日以内に、事故の発生状況、発病の状況および経過、傷病の程度またはその他本会が必要と認める事項について本会に書面により通知しなければなりません。また、共済金の請求にあたっては、本会の求める書類を本会に提出しなければなりません。本会の認める正当な理由がなく、事故の通知、必要な書類の提出および報告、または必要な調査への協力を拒んだり、妨げたり若しくは改ざんした場合は、本会は、その共済金を支払いません。又、賠償事故に関して、予め本会の承認を得ず示談金や賠償金をお支払いになられた場合は、当該金額につき共済金の全額または一部をお支払いできない場合がありますのでご注意ください。
共済金の受取人
共済金の受取人は、原則被共済者とし、共済金を受け取るべき日において被共済者が共済金を受け取る事が出来ない場合には、被共済者の法定相続人とします。死亡共済金については、被共済者の同意および本会が承認した場合に限り、異なる者に指定することもできます。
他の保険にご加入の場合
被共済者が他の海外旅行傷害保険等に重複して加入されている場合には、共済会の支払額算出にあたっては分担払いとなり、 減額調整される事があります。

■ 約款 ■

約款等は海外渡航者安全事業共済会ホームページよりご確認下さい。
海外渡航者安全事業共済会ホームページ : http://www.otsc.net
トラベルセーフティプラン約款 : http://www.otsc.net/files/policy.pdf

フィリピン留学をご検討中の方へ

「ソウダのカウンセラー」は、フィリピン留学に関する疑問・不安を解消するための無料のカウンセリングサービスです。フィリピン留学をご検討の方はお気軽にご相談ください。

SOUDA counselor
   資料請求(無料)
   お見積り(無料)
   面談(無料)