フィリピン留学の4つの魅力

1-4 Class Photo2

今、格安語学留学の穴場として人気が急上昇しているのが、第二の英語圏として近年人気を高めつつあるフィリピンです。フィリピンの語学学校は、安さだけではなく、マンツーマンレッスンが多いのが最大の特徴とも言えます。NHKなどのマスコミでもフィリピン教育が取りあげられ注目されています。

日本でも徐々にフィリピン英語に関する関心が高まってきており、特に予算が限られているワーキングホリデーや語学留学生の日常会話を短期間で効率的に学ぶ穴場として、人気が急上昇しています。

英語力を習得するのには、欧米圏の英語語学学校の方が勝っていますが、日常会話の範囲内を強化するという部分に関しては、フィリピンでも十分にカバーできます。そのため、欧米圏に正規留学、または、ワーキングホリデーで行く前にフィリピンで基礎的な英会話を学ぶために、フィリピン留学される方が増えているのが現状です。

セブ島まではたったの4時間

3d_ar_13

セブは、マクタン島とセブ島と小さな離島を指します。セブにも近年、日本からの直行便が就航し、セブの一部であるマクタン国際空港にはフィリピン航空やセブ・パシフィックなどの航空会社の直行便が就航しています。成田空港・関西空港から約4 時間半で行ける美しいビーチと英語語学学校があるのがセブ。今注目のフィリピン留学は近く英語をマンツーマンで学べると日本人に大人気です。

1日で最大13時間のマンツーマンレッスン

IMG_0168

ほとんどの授業が教師と1対1のレッスンのため、英語を話す機会は非常にたくさん用意されています。マンツーマンレッスンならではの特徴として、自分のレベルに合わせた授業が受けられ、内容も学生の希望に沿って適切なテキストで取り組む事ができます。マンツーマンの授業では当然学生に話す機会が多くあるため、授業時間の半分以上は自分が話さなければなりません。そのためスピーキングやリスニングに
とっても有効な授業形態だと思います。

物価の安さは日本の1/3〜1/5

726

海外留学する際に最も重要な部分が予算と費用の事だと思います。フィリピンは日本の3分の1以下の物価水準のため、生活必需品などの物価も格安で、各種アクティビティ、ショッピングなど低予算でフィリピン生活をすることができます。生活物価が日本の半分以下ののため、毎月のお小遣いも1~2万円あれば十分だと言ってもいいくらいです。

学校によって違いはありますが、学校の各種設備も整っており、学校によっては、キャンパスにプール付の環境の学校もあります。フィリピン留学は基本的に全て寮生活になっており、学生寮も敷地内にあるのが一般的のためすぐに学校にアクセスができます。寮にはほとんどの学校で食事(朝・昼・夕)が含まれていることが多く、いつでも勉強ができる環境がそこにはあります。

週末はビーチリゾートでリラックス!

5.-週末はフィリピンのビーチリゾートでリラックス!

フィリピン留学中はしっかり勉強しましょう。しかし、毎日朝から晩まで勉強ばかりでは疲れてしまいますよね。たまには息抜きも大切です。

フィリピン留学なら週末を利用してさくっとビーチリゾートに行くことができます。平日はしっかり勉強!週末は綺麗な海を眺めつつリラックスしましょう。

フィリピン留学をご検討中の方へ

「ソウダのカウンセラー」は、フィリピン留学に関する疑問・不安を解消するための無料のカウンセリングサービスです。フィリピン留学をご検討の方はお気軽にご相談ください。

SOUDA counselor
   資料請求(無料)
   お見積り(無料)